クラウドストレージをOneDriveに移行したいきさつ

2019年の春先、当時メインで使用していたDropboxはデバイスを4台以上同期する場合は月額1200円となってしまった。そんな経緯があり、いくつか競合を試したうえで現在はOneDriveに落ち着いている。

当記事は、以前別サイトに投稿していた記事を加筆修正して掲載したもの。

競合するクラウドストレージ

他にはGoogle DriveとBoxを試用してみたが、なかなか甲乙つけがたいところ。

Google Drive

無料版において、容量も判断基準の一つとなるが、万人向けとしてはGoogle Driveといったところだろうか。1アカウントあたりのGoogleのサービスで合計して15GB。

box

boxは無料で10GBが使用できる。

OneDriveを選んだ理由

OneDriveを選択したのは、競合とほぼ同じ機能を有していて、iPhoneアプリのUIが良かったから。アイコン表示にした時、3カラムで閲覧できるのは※OneDriveとAppleのファイルだけだった。

※ スマホでのカラム数については画面サイズ(機種)によって変わるもよう。また、アップルのアプリである『ファイル』でもOneDriveを参照出来るし、3カラムで表示もされるが、行間が空きすぎていて見づらかった。

リスト表示にした時はフォルダでもサイズを表示してくれる。これはWindowsのエクスプローラーにも欲しいところ。

起動時は生体認証にも対応している。 もっとも、スマホでファイル類は滅多に扱わないが(大量のファイルをどう整理するか、眺めながら考えることは多い)。

容量については申し込む時期によって違うようで、自分は15GB以上使えるもよう。現在は最低5GBだったような。こんな記事を書いておきながら、無料で5GBはちょっと少ないなあ。。

そのほか、

  • Mac環境において、同期できないファイルがある。フォルダのショートカットなど。
  • デフォルトでは、全ての環境で完全同期はしない。フォルダごとに、同期するか選択する必要がある。

あとがきとしては、今さらながらDropboxはかなり強気にでたと思うが(お手頃なプランがないし)、それだけ使用していたユーザーが多かったということだろうか。