Wappalyzerは非常に重い

Wappalyzerは閲覧中のサイトがどんな技術を使用しているか確認できるChromeの拡張機能。もちろんMicrosoft EdgeやOperaなどChromiumを使用しているブラウザも使用出来るし、Firefox向けのアドオンもある(こちらは使用していない)。

便利で面白いが、サイト(ブラウザ)起動時に確認に行くようで、複数のタブを同時に開いたりするとかなりの負荷がかかるもよう。一時的に固まったりもする。今どきのサイトは重くなりがちである。

FeedlyはReactを使っている。なるほど。。

そんなこんなで、Wappalyzerに限ったことではないが、こういった拡張機能は普段はoffにしておいた方が良いかもしれない。ブックマークしておいて、使いたいときにonにする。アドレスバーから『wappa』とでも入力すれば、補完されて簡単に呼び出せる。

いっぽうで、Show Title Tag(サイト名・ページ名を表示できる拡張機能)は軽いので常駐させている。使えなくなると非常に困る拡張機能の一つ。