Skip to main content

かつてのPebble使いが語る、Apple Watchは買いか?

昨年の秋口。愛用していたTissotのTTouchが故障したことをきっかけに、以前使用していたPebble TimeとPebble Steelをひっぱり出してきた。想定はしていたけど、同期がうまく行かずリセットをかけたらコレクションしていた文字盤は失われてしまったもよう。時すでに遅く、すったもんだでPebbleのチームは解散していて文字盤のサイトは閉鎖しており、以前と同様にはダウンロードしたり入手は困難となっていた(いちおうRebbleという後継プロジェクトがあるらしく、頑張れば?まだ使えたようだ)。

これがきっかけの一つでApple Watch Series5を検討し、購入に踏み切った。

Apple Watchは買いか?

いきなりの結論としては『買って良かった』。白黒つけるのは難しいが、悪くはないと思う。

iPhoneの横に並べてはじめて同期させたとき、何の問題もなく連携できたのには感動を覚えた。

ソフトウェア・ハードウェアが同じ会社であるという点は強みだと思う。
他社製スマートウォッチは同期が手こずると思っている。Pebbleには手を焼いた。

購入に踏み切った理由

まず、Series5になって常時点灯になったこと。

ここまで忘れていたが、Pebbleの前にSonyのスマートウォッチを使っていて、これがひどいもんで、常時点灯出来なかったと記憶している。時計を見ただけでは時間が確認出来ない。自分はこれが非常にストレスフルで、Apple Watchも常時点灯が出来るまで買うつもりはなかった。しかしながら、これが気にならない人も少なくないようで、そういった方々は購入するのであればSeries3でもよいのではないでしょうか。

iPhoneとの連携

当然かもですが、Apple社製だし何の問題もなし・・・と言いたいところですが、ときおり時間が同期していないことがあるようです(寝てる、という表現が近いかも)。。あれ、おかしいなと思って文字盤をタッチすると正確な時刻になったりすることも。
OSのアップデートはわりと頻繁。

電池もち

これが最大のネック。購入してしばらくはいろいろ試したりして相応に電池も消費するが、飽きてきて設定はミニマムにしている(常時点灯はやめない)。それでも2日に一度は充電したいところ(慣れてきてはいるが、Pebbleはフル充電で1週間〜10日くらいは余裕だった)。ただ、充電は早い。

文字盤

Pebbleのように開放されていないので自由度は低いが(そこそこカスタマイズ出来る)、デザインは洗練されていると思う。以前にも書いた。

値段

GPSモデルはおおよそ¥50,000〜といった感じで、スマートウォッチ全体からするとかなり高い部類に入る。個人的には許容範囲で、比較するには至らなかった。

次も買うか?

次に買う時計ははスマートウォッチ以外を想定しているが、その次はその時最新のApple Watchを買うかな?しかしながら、長持ちさせるつもりではいます。

そういえば、ヘルスやフィジカルな使い方してないですね自分。。